ご案内

未来を拓く力を育みたい

未来を拓く力を
育みたい

私たちがご提供したいのは日本の未来を担う子供たちに自立し、生きる力をつけていく教育です。
今後グローバル化やAI技術の進化によりますます自分で考える力の重要性が増していきます。
様々な困難に直面した時にその問題を自ら解決する力を育んでいきたい。
この知能研究所の教材は詰め込み型ではなく、自ら「考える力」「憶える力」「表現する力」が付き、
想像力豊かなお子様を育みます。
それは脳の成長率が一番高い就学前の時期に行うことで、発揮されます。
子供たちの無限大の可能性に寄与する重要な時期を逃さないでください。

私たちがご提供したいのは日本の未来を担う子供たちに自立し、生きる力をつけていく教育です。
今後グローバル化やAI技術の進化によりますます自分で考える力の重要性が増していきます。
様々な困難に直面した時にその問題を自ら解決する力を育んでいきたい。
この知能研究所の教材は詰め込み型ではなく、自ら「考える力」「憶える力」「表現する力」が付き、想像力豊かなお子様を育みます。
それは脳の成長率が一番高い就学前の時期に行うことで、発揮されます。
子供たちの無限大の可能性に寄与する重要な時期を逃さないでください。

知能教育への6つの考え

知能教育への
6つの考え

当教室では40年の知能に関する研究を行う「知能研究所」のカリキュラムに準じて指導を行います。
この研究に基づき、以下6つを教育への考えとしています。

知能教育とは考える教育である

知能教育とは
考える教育である

知能教育とは考える教育この知能教育で重視していることは、考えること、そしてその考えたプロセスです。
文字や数字や漢字を覚え込ませる、いわゆる知識教育ではなく、考える教育をテーマとしています。知能研究所では、40数年も前から考えることを最大のテーマとしており、知研プログラムはそのためのものです。

知能が高くなると、社会での選択肢が増える

社会での選択肢が増える知能指数の高い子は、進学するときや社会で活躍しようとする時、自分の歩むべき道を決める時多くの選択肢があり、自分の適性にあった道を選ぶことができます。そして以下のような特徴があります。
・誠実、正直、人気、責任感等が優れている。
・活発な遊びを好み、好んで集団の中へ入っていく。
・道徳的知識にも優れ、社会的によく適応している。
・遊びの関心の成熟が早く、自分より年長児を友達に持つことが多い。
・遊びの規則について、高知能児の知識はまさっており、規則の必要な遊びをより好む。

知能を高くするには知能教育が有効である

知能教育が有効知能を高めるには脳細胞が発達する幼児期に、適切な刺激を与える必要があります。
早ければ早いほど知能は伸びやすく、正しいタイミングでに正しい与え方をすれば知能は確実に伸びていきます。

脳は幼児期に急成長する

知能教育とは考える教育脳重量の発達は身長や体重に比べてとても速く、3歳までで3分の2、12歳ぐらいではほとんど大人と変わらないほど発達します。
つまり知能も幼児期に急激に伸びるわけです。最も成長するこの時期にこそ、脳細胞の伸びを促進するよい刺激を与えておくことが重要になります。

教育の前に知能診断を行い、適切な指導を導く

教育の前に知能診断子供にとって最大にして、最高の教育をするには、最初に知能診断をすることが不可欠です。当教室では入室時に必ず知能テストを実施し、知能の高低(量)及び知能の内容(質)を診断し、それをふまえて知能教育を行います。

教育の前に知能診断子供にとって最大にして、最高の教育をするには、最初に知能診断をすることが不可欠です。
当教室では入室時に必ず知能テストを実施し、知能の高低(量)及び知能の内容(質)を診断し、それをふまえて知能教育を行います。

知能因子の特性は個人差があり、個別指導を行う

個別指導を行う数の課題には強いが、図形の課題には弱い。もしくは、言語的課題は強いが、数の課題には弱い。というように知能因子特性によって同じ知能指数であっても、現実の課題解決の能力には差があります。
それぞれの特性に合わせた個別指導を行います。

当教室の3つの特色

1. 遊びながら学べる「考えるおもちゃ」知研BOX

このカリキュラムで学ぶ子供たちのほとんどが自ら「行きたい、学びたい」と取り組みます。それは「考えるおもちゃ」だから。
手を動かし、五感を刺激し、想像力を働かせ好奇心を掻き立てます。そして子供たちはワクワク興味をもって遊びながら学んでいきます。
とはいえ知能学習の重要な要素が詰まった教材には、すべてに理論があります。授業後には保護者の方々に何を学んだかの説明や、教材を持ち帰っての家庭学習にも役立てていただけます。

2. 脳を科学し、バランスのよい脳の成長を促す教育

入室後に知能診断(IQテスト)を受けていただきます。これは知能を図ることが目的ではなく、能力のバランスを事前に知ることで、個々に適した指導方法を考察するために行います。
脳を図形、記号、概念の3つの分野に考え、月齢に合わせた成長性を鑑み、必要な分野の刺激を与え成長させていきます。
能力の状態を知ることで、それぞれの分野を相乗効果で広げていくことができます。また何歳からはじめても(※)その月齢に応じた指導で、子供の学べる脳を育むことができます。
※ただし、脳の発達は現代10歳くらいまでといわれています。

3. 経験豊富な指導者

当教室の先生は、社会人経験の長いメンバーや子育て経験をしてきたメンバーばかりで、経験豊かな人材ばかりです。
代表も2人の息子の子育てをし、さらには人材教育のスペシャリストとして長く大手企業の新人育成に携わってまいりました。
その中で今後の日本の担い手を育てるためには根本より育成する必要があると考え、この教室をたちあげました。お子様に勉強をおしえるのではなく、学び考える大きな土台(脳)を育む必要性を感じております。

CONTACT体験レッスン、お問い合わせ

東京英才アカデミーでは体験レッスンを
承っております。
その他にもご質問などございましたら
お気軽にお問い合わせください。

052-979-2460

052-979-2460

Web申込み
体験レッスン、お問い合せ